不動産賃貸における事務所テナントの動向

不動産賃貸における事務所テナントの動向について記載いたします。まず首都圏についてですが、新築・築浅物件には大型オフィスの成約が目立ち、その他既存物件に関しては、決裁機能を首都圏に集約することを目的とした他地区からの借り換え移転に伴うフロア増床の動きが活発です。全体的に空室率は減少傾向にあり、平均賃料も若干ですが上昇傾向にあります。関西圏に関しても、新築・築浅物件に関しては大型オフィスの成約、既存物件に関しては他地区からの移転もあり、空室率は減少傾向にあります。ただし、数年前は関西に決裁機能を持たすための関西事業所、関西支社の発足に伴う大型移転が目立っていましたが、現在は、関西に進出した企業の縮小化による移転・撤退が続いており、その影響もあって関西圏の平均賃料はこの1年間は横ばい状態となっています。オフィスビルの場所としても数年前までは本町を含めた中央区、北区(淀屋橋、中之島、梅田)が中心でしたが、現在は梅田地区に一極化しており、関西圏全体でいうと停滞している感が否めません。また昨今では、インターネットの飛躍的な通信発達に伴いSOHOのような小さなオフィスや自宅などでビジネスを行う事業者、またレンタルオフィスの活用も増えており、事務所テナントとして、長期的に拠点を構えて事業を行うというスタンスが薄れてきたといえるしょう。

福岡市 中央区 テナント
3030

貸店舗を使ったネットカフェ運営

今やネットカフェは漫画や雑誌、ゲーム、ネットが目的で利用しているとは限りません。 終電を逃してしまった人が始発までの間、仮眠を取るために使用したり、シャワーも完備されている所もあるので住んでいる方もいるそうです。 また、飲み物の種類も豊富でカフェに行くよりも安いため、ゆっくりしたい人はカフェ代わりに使用する方もいます。 実に様々な用途で使用されています。 ネットカフェ運営企業が新しく店を増やすときには、貸店舗を使って営業を行うという方法があります。このとき、店舗における収容人数と様々なニーズに沿った席の用意を達成させるために次のような手段があります。それは、貸店舗において上の複数の階を借りきって店舗を運営するというやり方です。 ネットカフェには様々なタイプの席があり、それを設置するためにはそれなりの広さの空間が求められます。このとき、貸店舗の上の複数の階を借りることによって席を設置することができるようになります。その上、収容人数についても多くの利用者を受け入れることができるという側面が生まれます。 なお、経済の観点からすれば上の階においては賃貸料金が安くなるためコスト低下に結びつけたりできます。また、貸店舗を持つ業者と交渉をして借りる代わりに賃貸料金をさらに安くしてもらうという手が存在します。業者の視点では、テナントの空きを解消するということに加えて格安でも利益が入ってくることになります。また、利益においてはネットカフェの営業年数が行われる間は獲得することができるということになります。そのため、上の複数の階を借りて店を運営する手段が存在していると指摘できます。

Copyright ©All rights reserved.不動産賃貸における事務所テナントの動向.